ファッション

【春コーデ】40代レディースにオススメな大人映えファッションまとめ【2020年】

レンタルファッションが初月無料!

今すぐお洒落になれる!

\ 初月無料キャンペーン中 /

カノスキ読者
カノスキ読者
雑誌を見てもよく分からないし、アラフォーの自分に似合う春コーデが知りたい。できればアラフォーにオススメのブランドとかも教えて欲しい。

 

そんな要望にお答えしていきます。

この記事の内容
  1. 40代にオススメの春ファッションコーデ
  2. 40代の大人映え女性が着用しているブランド

 

40代になると、20代・30代の時とは違って「よりシンプルさ」が求められてきます。

ですが、シンプルさを出すのって意外と難しいんですよね。

ですが、この記事を参考にすることで、40代女性に似合うコーデや人気ブランドが分かりますし、ナチュラルなシンプルさを出すコツが理解できます

 

【春コーデ】40代レディースにオススメな大人映えファッションまとめ

順番に解説していきますね!

 

① 映えるシンプルファッション

ライダースジャケット×ワンピース

WEAR

  • オールインワン:ZARA
  • リング:les desseins de DIEU
  • ブルゾン:DOUBLE STANDARD CLOTHING
  • シャツ:DOUBLE STANDARD CLOTHING
  • バッグ:ZARA
  • スニーカー:adidas

 

こちらはライダースジャケット×ワンピースのコーディネートです。

全体をブラックで統一しているものの、アイテムのところどこにホワイトを感じられることで、重さを軽減してくれています。

辛めアイテムであるライダースジャケットは、甘めアイテムと組み合わせた着こなしで甘辛MIXなコーデにしあげましょう。

 

 

ヘンリーネックTシャツ×リネンボトム

WEAR

  • ヘンリーネックT:gallardagalante
  • パンツ:UNIQLO
  • ベルト:united arrows
  • サンダル:ZARA
  • バッグ:laugoa
  • バングル:soierie

こちらはヘンリーネックTシャツ×リネンボトムのコーディネートです。

 

ヘンリーネックTシャツは、ボタンの開け閉めで雰囲気を変えることがてきますよ。広くあければ、大人カジュアルな春コーデに色っぽさをプラスしてくれます。

リネンパンツとあわせた、ワンカラーのコーディネートに仕上がっています。

 

ワッフルTシャツ×ベイカーパンツ

WEAR

  • Tシャツ:UNIQLO
  • ベイカーパンツ:ungrid
  • ブーツ:ZARA
  • Gジャン:journal standard
  • バッグ:FRAMeWORK
  • ベルト:SENSE OF PLACE

こちらはワッフルTシャツ×ベイカーパンツのコーディネートです。

 

メンズライクなベイカーパンツは、ロールアップしショートブーツを合わせでレディに仕上げて。ロールアップする事で、スタイルアップ効果も期待できますよ。

 

リネンシャツ×テーパードパンツ

WEAR

  • シャツ:ユニクロ
  • パンツ:LOWRYS FARM
  • バッグ:Angouleme

こちらはリネンシャツ×テーパードパンツのコーディネートです。

トップスは、ホワイトでカラーを合わせ、爽やかにまとめて。リネンシャツなら、カチッとしすぎずカジュアルに合わせることができますよ。

くたっとした風合いが、コーデに抜け感をプラスしてくれます。また、しっかり羽織るのではなくゆるっと肩にかけるように着こなせば、こなれコーデに仕上がります。

 

ミリタリージャケット×ブルーデニム

WEAR

  • ロンT:RED CHOP WORKS
  • ジャケット:UNIQLO
  • デニム:GL HEART(used)
  • 巾着バッグ:THE CASE
  • シューズ:converse
  • スカーフ:45R

こちらはミリタリージャケット×ブルーデニムのコーディネートです。

 

ジャケット以外のアイテムを明るめのトーンでまとめれば、軽やかな春コーデを演出することができますよ。

こなれ女子に人気の巾着バックも、コロンとしたシルエットが可愛いですよね。トレンドバックやスカーフなど、小物使いが光るコーデです。

 

WEAR

  • カンカン帽:JEANASIS
  • シャツ:GU
  • スウェットパンツ:ユニクロ
  • シューズ:CONVERSE
  • バッグ:APC

こちらビックシルエットシャツを使ったコーディネートです。

いつも使うシャツよりも、ゆるっとルーズに着こなすことができるビックシルエットシャツは、コーディネートの幅が広くいろんな着こなしが可能なアイテムです。

こちらのコーディネートようにボタンを多めに開け抜き襟風に着こなすと、ほんのりセクシーな女性らしいコーディネートに着こなすことができます。

ビックシルエットなので、きちっと感のあるシャツも萌え袖や抜き襟など女性の要素がたっぷり盛り込まれていますよ。

こちらもレギンスと合わせてメリハリのあるシルエットがコーディネートのポイントです。

 

WEAR

  • レギンス:BEAMS BOY
  • シャツ:GU
  • シューズ:ZARA
  • かごバッグ:recreational vehicle
  • バングル:不明

こちらはストライプシャツを使ったコーディネートです。

ブルー×ホワイトのストライプシャツで爽やかな印象になります。ワンピースであれば、カチッとしすぎずに女性らしさも取り入れられるのが嬉しいですね。

リブレギンスを合わせると、簡単に旬顔コーディネートになります。

ヌケ感のあるおしゃれコーディネートに仕上がります。籠バッグをあわせて、小物もこだわるのがポイントです。

 

WEAR

  • シャツ:ROLL
  • デニムパンツ:ANATOMICA
  • バッグ:RECTANGLE
  • パンプス:repetto

こちらはギンガムチェックシャツを使ったコーディネートです。

ギンガムチェックのシャツはコーディネートを女性らしく、品良くまとめてくれますよ。

デイリーユースとしてはもちろん、オフィスシーンでも使いやすくコーデのアクセントに。

デニムのワイドパンツとあわせるときちんと感がうれしい大人カジュアルなコーディネートに仕上がります。

足元は、フラットパンプスで女っぽさを演出するのを忘れずに。

 

WEAR

  • ワンピース:GALLARDAGALANTE
  • タンクトップ:ungrid
  • デニム:ungrid
  • 巾着バッグ:plain clothing
  • バブーシュ:ZARA

こちらはシフォンワンピースを使ったコーディネートです。

シフォンワンピースはボタンを全部閉めてワンピースとして着こなすだけでなく、羽織として使うとふんわりとした女性らしいシルエットが素敵なコーデに仕上げれます。

いつものホワイトカットソー×デニムボトムに合わせるだけで、フェミニンな女性らしいコーディネートに早変わりになります。

全体をベージュやホワイトの柔らかなカラーでまとめた、ワンカラーに仕上がっています。

 

WEAR

  • サーマルT:ROSE BUD
  • カーディガン:todayful
  • コーデュロイパンツ:nano universe
  • 巾着バッグ:plain clothing
  • シューズ:converse

こちらはボリュームカーディガンを使ったコーディネートです。

今期大人気のカーディガンは、コーデを一気にこなれた印象に仕上げてくれます。

全体を湾頭子まとめたこちらのコーディネートは、よりトレンド感のあるおしゃれな着こなしに仕上がっています。

インナートップスはブイネックで首元をすっきりさせると、カーディガンのボリュームをほどよく中和してくれ、きれいに着こなすことができるのでオススメです。

 

WEAR

  • ボーダーT:fork and spoon
  • デニム:moussy
  • カーディガン:todayful
  • 巾着バッグ:Adam et rope
  • シューズ:converse

こちらはボーダーTシャツを使ったコーディネートです。

ブラック×ホワイトのボーダーは、カジュアルコーデの定番ですよね。ボリュームたっぷりのニットカーディガンと合わせ、ゆるっと着こなすのが今年っぽいですね。

デニムも、ライトブルーの淡いカラーを合わせることで全体のカラーが淡く統一されることで、こなれ感のあるおしゃれコーディネートに仕上がります。

コンバースのローカットスニーカーを合わせるのが大人カジュアルの定番です。

 

WEAR

  • ボーダーT:fork and spoon
  • デニム:moussy
  • カーディガン:todayful
  • バッグ:beauty and youth

こちらはボリュームカーディガンを使ったコーディネートです。

ボーダートップスにデニムを合わせた定番のカジュアルコーディネートに、今っぽさわわプラスするならボリュームカーディガンがおススメです。

ホワイトやベージュの淡いカラーを合わせて、女性らしい柔らかな印象に。抜き襟、腕まくりなどゆるっと羽織るのがおしゃれに着こなすポイントです。

足元もホワイトで合わせて統一感のあるコーディネートに仕上がっています。

 

WEAR

  • デニムパンツ:ZARA
  • ピアス:ピアス
  • シャツワンピース:ZARA
  • Tシャツ:TIFFANY HARDWEAR
  • カゴバッグ:ZARA
  • サンダル:NIKE

こちらはシャツワンピースを使ったコーディネートです。

シャツワンピースを、羽織りとして合わせてこなれた印象に。カラーをキャメルであわせると、よりおしゃれな印象になります。

いつものTシャツ×デニムのスタイルもお出かけコーデに早変わり。季節の変わり目にも嬉しい、気温での調節がしやすいアウターとしても活躍しますよ。

 

WEAR

  • ロゴT:GU
  • ライダース:Ungrid
  • カーディガン:Milla Owen
  • デニム:SLY
  • バッグ:plain clothing
  • シューズ:CONVERSE

こちらのコーディネートはアウターオンアウターのコーディネートです。

インナーにはロゴトップスをINして、カジュアルに。ボトムは濃紺でアンクル丈のすっきりシルエットを合わせて、きれいな着こなしに。

アウターの合わせ方が素敵で、ライダースジャケットでクールに合わせたコーディネートに、ざっくり編みカーディガンをON。

ニットの柔らかさとライダースジャケットのクールさが合わさったこなれ感たっぷりのコーディネートとなっています。

 

WEAR

  • パーカー:ユニクロ
  • スウェット:GU
  • ニットガウン:ungrid
  • サコッシュ:FREDRIK PACKERS
  • シューズ:converse

こちらは柄アウターを使ったコーディネートです。

柄アウターを使うときには、合わせるアイテムをシンプルなものでまとめるのがマット。

柄に入ったカラーであれば、コーディネートをうまくまとめることができるので、同じカラーの組み合わせを意識しましょう。

 

WEAR

  • スウェット:black by moussy
  • シャツ:RAGEBLUE
  • レギンス:BEAMS BOY
  • バッグ:rapiecage
  • シューズ:converse

こちらはスウェットを使ったコーディネートです。

トレンドアイテムであるビックシルエットは、メンズライクなコーディネートにぴったりのアイテムです。

ただ1枚で着るのではなく、シャツやカットソーレイヤードするとよりこなれ感のあるコーデに仕上げることができます。

ビックシルエットなので、レギンスと合わせるとより今っぽい着こなしになります。

 

WEAR

  • パンツ:levi’s
  • タートルニット:UNIQLO
  • トレンチコート:ungrid
  • ベレー帽:beauty and youth
  • バッグ:DONOBAN
  • バレエシューズ:ZARA

こちらはトレンチコートを使ったコーディネートです。

定番のトレンチコートよりも柔らかな素材で作られたとろみトレンチを使うと、よりコーディネートに動きが出てこなれた印象に仕上げることができます。

ブラックのトップス×ブラウンのボトムでこっくりカラーが大人っぽい印象に。メリハリのあるカラーの組み合わせが素敵ですね。

足元は靴下×パンプスのトレンド感を感じさせる組み合わせがオシャレですね。

 

WEAR

  • Tシャツ:rxmance
  • アウター:ungrid
  • サークルバッグ:JEANASIS
  • バブーシュ:ZARA

こちらはきれい色コートを使ったコーディネートです。

アウターには無難なカラーをえらびがちですが、ちょっと冒険してカラーで攻めるのもいいですよ。

ロゴトップス×デニムボトムのラフなスタイルも、マスタードカラーのとろみトレンチで大人のきちんと感をプラス。

マスタードカラーであれば、使いやすさもピカイチです。

グレーと合わせて、こなれた印象になりますね。

 

WEAR

  • トレンチコート:COCO DEAL
  • Tシャツ:no brand
  • スニーカー:CONVERSE
  • かごバッグ:FREAK’S STORE
  • キャスケット:coen

こちらはトレンチコート×ボーダートップスを使ったコーディネートです。

大人カジュアルの定番になっているトレンチコート×ボーダートップスの着こなしは、簡単にこなれ女子になれる組み合わせ。

トップスはボートネックであわせると、よりすっきりきれいに着こなすことができます。

スリーブデザインが入ったボーダートップスであれば、トレンチコートを脱いだ時のさりげないおしゃれが素敵ですよね。

ボトムにはブラックスキニーがマスト。

コーディネートをすっきりまとめてくれます。足元は、ハイカットスニーカーを合わせて。レッドで差し色をプラスして、コーディネートを華やかにまとめています。

 

WEAR

  • ハンチング:子供サイズ
  • ライダースジャケット:beautiful people
  • Tシャツ:無印良品
  • パンツ:ZARA
  • スニーカー:CONVERSE

こちらはライダースジャケットをラフに着こなしたコーディネートです。

辛めアイテムであるライダースジャケットですが、シンプルでラフなスタイルにも万能に合わせることができます。

ボーダー×ワイドパンツのカジュアルスタイルに、ライダースジャケットを合わせると程よくクールに引き締めてくれます。

 

WEAR

  • ブラウス:beauty and youth
  • ベイカーパンツ:plage
  • 巾着バッグ:plain clothing
  • シューズ:ZARA
  • ブレスレット:楽天
  • ベルト:UNIQLO

こちらはボリュームスリーブトップスを使ったコーディネートです。

トップスに合わせたブラウスは、パフスリーブで女性らしいデザインがコーディネートのアクセントになっています。

ボートネックでデコルテがきれいに見え、大人女子にも使いやすいのがいいですよね。

カーキのベイカーパンツと合わせ、程よくひきしめると今っぽいおしゃれなコーディネートになっています。

足元のオックスフォードシューズは、ベージュで合わせて柔らかにまとめています。アースカラーをうまく使ってトレンドコーディネートに仕上げています。

 

WEAR

  • デニムジャケット:ZARA
  • チノパンツ:masterkey
  • トートバッグ:beautiful people
  • サンダル:via j

こちらはサイドラインボトムを使ったコーディネートです。

トレンドアイテムのラインボトムスは、スポーツMIXコーデによく使われるアイテムでカジュアルな印象が強いですよね。

そんなラインボトムを大人っぽく着こなしたこちらのコーディネート。

ポイントは、チノ素材でライトベージュのラインボトム。どんなカラーとも合わせやすいベージュで大人っぽくきれいにまとめています。

シルバーのオックスフォードシューズもきれいめスタイルを後押ししてくれていますね。

 

WEAR

  • デニムジャケット:OUTLET
  • パーカー:BAYFLOW
  • Tシャツ:adidas
  • スニーカー:Reebok

こちらはスポーツロゴトップスを使ったコーディネートです。

スポーツブランドのアイテムも、おしゃれなアイテムが増えて来ています。スポーツロゴを取り入れると、簡単にスポーツMIXコーディネートに。

パーカーやデニムジャケットで、カジュアルにまとめるとメンズライクな感じです。

ブラックのスキニーで引き締めて、トレンド感たっぷりのコーディネートに。

 

WEAR

  • スニーカー:CONVERSE
  • マウンテンパーカー:FRAMeWORK
  • バンダナ:IENA
  • 腕時計:Daniel Wellington
  • イヤリング:natural couture
  • かごバッグ:MUUN
  • Tシャツ:SLOBE IENA
  • パンツ:FRAMeWORK

こちらはマウンテンパーカーを使ったコーディネートです。マウンテンパーカーは春・秋に定番になっている薄手のアウター。

ネイビーであれば、きれいにもカジュアルにも合わせやすいですよ。

ボーダーT×ホワイトのリラックスパンツを合わせたきれいめカジュアルコーデを程よく引き締めてくれています。

足元にイエローで差し色をプラスすると全体が華やかになりますね。

 

WEAR

  • ベレー帽:beauty and youth
  • ワンピース:united arrows
  • レギンス:BEAMS BOY
  • シューズ:converse

こちらはシャツワンピースを使ったコーディネートです。

艶のある素材のシャツワンピースでミリタリーなコーディネートに仕上げています。

カーキカラーのロングワンピースですが、袖のボリュームやボタンを広めに開けた着こなしで、女性らしさが垣間見えるのが素敵ですね。

ボトムには、レギンスをあわせてトレンド感をプラス。大人っぽく、ラフにきこなしたコーディネートですね。

 

WEAR

  • サーマルT:ungrid
  • ライナーJK:ungrid
  • ニットソーワイドパンツ:OZOC
  • トートバッグ:nano universe
  • シューズ:converse

こちらはキルトジャケット使ったコーディネートです。

定番になりつつあるキルトジャケットは、カジュアルからキレイめまで程良い抜け感をプラスしてくれる万能アイテムです。

スウェットボトムと合わせたリラックスコーディネートには、定番のカーキカラーで程よく引き締めていきます。

決めすぎない抜け感が大人カジュアルなコーディネートに仕上げてくれています。

 

WEAR

  • ジャケット:ハッピークローゼット
  • キャミソール:ハッピークローゼット
  • デニムパンツ:GU
  • スニーカー:CONVERSE
  • かごバッグ:FREAK’S STORE

こちらはミリタリージャケットを使ったコーディネートです。

インナーには花柄キャミソールビスチェを合わせた着こなしが可愛いですね。

カットソーにキャミソールビスチェをあわせると、女性らしくおしゃれな印象に。重ねた着こなしは、おしゃれ度をぐっとあげてくれます。

カジュアルなコーディネートに、花柄ビスチェのフェニミンさが光りますね。

ミリタリージャケットも、袖コンシャスなデザインやノーカラーで女性らしいデザインがポイントですね。

 

WEAR

  • ジャケット:THE SHINZONE
  • Tシャツ:beauty and youth
  • スカート:bliss point
  • 巾着バッグ:THE CASE
  • シューズ:VANS

こちらはミリタリージャケットを使ったコーディネートです。

迷彩柄が印象的なミリタリージャケットは、メンズライクにまとめてしまいがちですが、スカートを合わせて大人カジュアルに着こなすのも素敵。

ホワイトのロゴカットソー×コーデュロイスカートで、女っぽさを演出。

ペンシルスカートであることがポイントですね。カラーブラウンであれば、程良い存在感でミリタリージャケットとの相性も抜群です。

 

ライダースジャケット×デニムパンツ

WEAR

  • デニムパンツ:FULLCOUNT
  • バングル:les desseins de DIEU
  • ライダースジャケット:ZARA
  • キャップ:DRWCYS
  • ブーツ:MURUA
  • ピアス:kiwii-accessory

こちらはライダースジャケット×デニムパンツのコーディネートです。

辛いアイテムというイメージの強いライダースジャケットは、カラーでフェミニンさをうまく演出しています。

コーデのアクセントにもなり、ライダースジャケットのハードさが苦手な方も使いやすくなりますよ。

 

 

② 春のいい女スタイル

デニムジャケット×きれいめボトム

WEAR

  • ボーダーT:GU
  • パンツ:ZARA
  • デニムJK:journal standard
  • かごバッグ:VIOLAd’ORO
  • シューズ:VANS
  • バングル:PT

こちらはデニムジャケット×きれいめボトムのコーディネートです。

大人カジュアルの定番である、ボートネックのボーダーTシャツとあわせれば、マリン感のある爽やかコーデに仕上がります。

籠バッグを合わせて、春らしさを感じられる着こなしに仕上がっています。

 

スウェットトップス×リラックスパンツ

WEAR

  • シューズ:converse
  • バッグ:Marc JACOBS
  • バングル:soierie

こちらはスウェットトップス×リラックスパンツのコーディネートです。

 

オールブラックで統一されたワンカラーコーデは、素材を変えて重くならないように着こなすのがベター。

シフォンやベロア、サテンなど40代女性のこなれ感を演出してくれる素材がおすすめです。スニーカーなら、差し色も取り入れやすいですよ。

 

ダブルボタンジャケット×濃紺デニム

WEAR

  • ヘンリーネックT:UNIQLO
  • ジャケット:mysty woman
  • デニムパンツ:BLACK BY MOUSSY
  • バッグ:Young and Olsen
  • ローファー:ZARA

こちらはブレザージャケット×濃紺デニムを使ったコーディネートです。

トラッドな印象のブレザージャケットを、テーパードパンツやレザーシューズでトラッドな雰囲気に着こなしています。

 

ブレザージャケット×デニムパンツ

WEAR

  • ジャケット:mysty woman
  • デニムパンツ:UNIQLO U
  • バッグ:journal standard
  • シューズ:converse

こちらはブレザージャケットを使ったコーディネートです。

 

ネイビーに金のボタンで制服のブレザーのようなデザインのアイテムは、デニムと合わせて抜け感のある着こなしがオススメ。

花柄シャツを合わせた、フェミニンな着こなしは40代女性の艶やかさを演出できます。

 

ダブルボタンジャケット×濃紺デニム

WEAR

  • ロゴT:rxmance
  • ジャケット:mysty woman
  • デニムパンツ:BLACK BY MOUSSY
  • クリアバッグ:beautiful people
  • ローファー:ZARA

こちらはブレザージャケット×濃紺デニムのコーディネートです。

濃紺デニムは、テーパードシルエットのぴったり丈できれいに合わせています。ロゴTシャツをONする事で、コーデに抜け感がプラスされています。

 

コットンレーストップス×ワイドパンツ

WEAR

  • シャツ:ZARA
  • パンツ:ユニクロ
  • ショルダーバッグ:THE CASE
  • バレエシューズ:ZARA
  • ブレスレット:PT
  • リング:rapiecage
  • ピアス:UNE MANSION

こちらはコットンレーストップス×ワイドパンツのコーディネートです。

 

甘めのレーストップスは、ブラックを選ぶのがマスト。甘くなりすぎずないのに、程よく可愛らしい雰囲気を演出することができます。

ワイドパンツは、体型カバーもできるトレンドアイテム。ブラック×カーキでかっこよくまとめましょう。

 

テーラードジャケット×デニムパンツ

WEAR

  • ノーカラージャケット:UNITED TOKYO
  • Tシャツ:LEMINOR
  • デニムパンツ:RED CARD
  • ショルダーバッグ:YAHKI
  • スリッポン:cava cava
  • 腕時計:CANAL JEAN
  • ブレスレット:Nothing And Others
  • リング:Deuxieme Classe

こちらはテーラードジャケット×デニムパンツのコーディネートです。

インナーに合わせたボーダートップスは、カジュアルになりすぎないようボートネックを選びましょう。

デコルテをきれいにみせてくれ、コーデも大人っぽくまとまりますよ。小ぶりのショルダーバッグ、ホワイトパンプスで40代の上品な春コーデに仕上げています。

 

WEAR

  • Tシャツ:agnes b.
  • シューズ:GU
  • トートバッグ:KRIFF MAYER
  • 腕時計:KC,s
  • バンダナ:INED
  • シャツ:ユニクロ

こちらは全部のアイテムをブラックで統一した、ワンカラーコーディネートです。同じカラーでも、素材を変えると奥行きのあるコーディネートになります。

後ろの裾が長くなったテールデザインのシャツは、隠したい部分をおしゃれに隠せるのも嬉しいですよね。足元は、アニマル柄パンプスでアクセントをプラス。

 

WEAR

  • バンダナ:SLOBE IENA
  • トートバッグ:MACKINTOSH PHILOSOPHY
  • ニット:IENA
  • パンツ:Spick & Span
  • スニーカー:CONVERSE
  • イヤリング:Ray BEAMS
  • ブレスレット:Daniel Wellington
  • 時計:Daniel Wellington

こちらはワイドパンツを使ったコーディネートです。大人女子には定番になっているワイドパンツは、タックが入っているとよりきれいに着こなすことができます。

トップスはお腹の部分だけINして着こなすと、ワイドパンツの横広がりのシルエットもスッキリときれいに着こなす事ができますよ。

スニーカーを合わせて、定番の大人カジュアルコーデに仕上がっています。

 

WEAR

  • ワンピース:FUMIKA_UCHIDA
  • クラッチバッグ:FILL THE BILL
  • バレエシューズ:MARTIN MARGIELA
  • ハット:chareeta

こちらはワンショルダーのアイテムを使ったコーディネートです。

トレンドアイテムとしてワンショルダーデザインが上がっています。程よい肌見せがヘルシーなおしゃれ感を演出になります。

ニット素材やコーデュロイなど、季節感のある素材のアイテムを合わせると冬にも使いやすいですよ。

タイトなシルエットが素敵なジャンパースカートで、大人カジュアルなコーディネートに仕上がっています。

 

WEAR

  • デニム:levi’s(古着)
  • インナー:UNIQLO(スーピマコットン)
  • ジャケット:GU
  • バッグ:nano universe
  • シューズ:converse

こちらはチェスターコートを使ったコーディネートです。

トレンドであるグレンチェックのコートは、コーデをクールに引き締めてくれます。

いつものホワイトカットソー×ストレートでも、ワンランク上のクールなマニッシュコーディネートに仕上がっています。

キレイめアイテムも、デニムと合わせて抜け感をプラスすると今っぽく着こなすことができますよ。キメすぎない大人の余裕が素敵なコーディネートです。

 

WEAR

  • アウター:ROSE BUD
  • シャツ:TODAYFUL
  • ベルト:green label relaxing
  • デニムパンツ:Ungrid
  • トートバッグ:beautiful people
  • ドレスシューズ:Mathilda

こちらはロングシャツ×ガウンコートを使ったコーディネート。

インナーにホワイトカットソーを合わせて、爽やかに。ロングシャツは、ベルトでウエストマークする事でメリハリのある着こなしになります。

スタイルアップ効果が期待できます。ストライプのガウンコートを合わせると、一気にこなれた印象になります。

合わせたデニムボトムは、クロップド丈ですっきりとした印象。オックスフォードシューズで、きちんと感をプラス。

 

WEAR

  • ライダース:Ungrid
  • シャツワンピース:Ungrid
  • パンツ:H&M
  • ブーツ:ZARA
  • バッグ:FREAKS STORE

ライダースジャケットを使ったコーディネートです。

辛めアイテムであるライダースジャケットにホワイトのシャツワンピースをあわせて、クールな着こなしになっています。

とろみ素材のシャツワンピースを合わせることで、女性らしい柔らかさもプラスされます。

ボタンの開け方がおしゃれで、ロングトップスのようなおしゃれな着こなし。

カーキのストレートボトムを折り返して合わせ、ショートブーツをあわせたミリタリーなカッコいいコーデに仕上げています。

 

WEAR

  • ブラウス:ユナイテッドアローズ
  • ベルト:ユナイテッドアローズ
  • パンツ:H&M
  • パンプス:menue
  • バッグ:plain clothing
  • ピアス:GU
  • サングラス:WEGO

こちらは柄ボトムを使ったコーディネートです。

華やかなイエローのテーパードパンツは、1枚で主役級のコーディネートに。ビタミンカラーのイエローなので全体が一気に華やかになりますよね。

ホワイトのボリュームブラウスと合わせ、全体のバランス良くまとめています。足元は、ブラックで合わせて引き締めるのを忘れずにコーディネートしましょう。

 

WEAR

  • シャツ:ZARA
  • インナー:fifth
  • ショルダーバッグ:qoo10
  • デニムパンツ:UNIQLO
  • サンダル:FOREVER 21

こちらはホワイト×ブルーの爽やかなコーディネートです。ホワイトアイテムは、コーディネートを爽やかにしてくれるのにもってこいのアイテム。

タイトなシルエットであれば、きれいめコーデに、ワイドなシルエットであればカジュアルコーデに仕上がります。

ホワイトスキニーにブルーのスキッパーシャツで、夏を感じさせる涼しげな爽やかです。

インナーのレースがちらっとみえるのが、女性らしくて素敵ですね。

サンダルはハイヒールで、女っぽく。パンツスタイルが一気に垢抜けます。ブラックでメリハリをプラスしているのがポイントですね。

 

WEAR

  • サンダル:nano・universe
  • ショルダーバッグ:TONE SELECT GOODS
  • パンツ:LOWRYS FARM

こちらはスキッパーシャツを使ったコーディネートです。

スキッパーシャツは、ボタンがなく胸元に深めのカットが入ったデザインのシャツ。デイリーコーデとしてはもちろん、オフィスコーデにも大活躍のトップスです。

くすみピンクで旬っぽさのあるきれいめスタイルになっています。

テーパードパンツなどのきれああめボトムと合わせて、品良く仕上げています。ピンク×ネイビーで、甘すぎないカラーの組み合わせが男女共に好感度◎です。

 

WEAR

  • Tシャツ:HANES
  • スキニー:JEANASIS
  • デニムジャケット:journal standard
  • 巾着バッグ:THE CASE
  • ベレー帽:FREAKS STORE
  • バレエシューズ:ZARA

こちらはデニムジャケットを使ったコーディネートです。

デニムジャケットといっても、ブラックデニムを使ったジャケットなので、カジュアルになりすぎず大人っぽくクールなコーデに仕上げることができます。

ホワイトカットソー×ブラックスキニーとあわせ、モノトーンでまとめることで高見えコーディネートになります。

足元にパンプスを合わせ、女性らしさもしっかりプラスするのがポイントです。

 

ワッフルTシャツ×きれいめボトム

WEAR

  • サーマルT:UNIQLO
  • パンツ:ottilie
  • デニムJK:ジャーナルスタンダード
  • バッグ:Lowrys farm
  • サンダル:ZARA

こちらはワッフルTシャツ×きれいめボトムのコーディネートです。

 

センタープレスの入ったテーパードパンツは、大人女子のカジュアルコーデにマストなアイテムとなっています。

ブラウンなら、重くなりすぎずに合わせやすいので使いやすいですよ。ワッフルTシャツと合わせて、抜け感のある春コーデに仕上げています。

 

 

③ 大人可愛いカジュアルスタイル

モッズコート×スウェットパンツ

WEAR

  • ニット:白T
  • ボアスウェット:UNIQLO
  • モッズコート:FREAKS STORE
  • クリアバッグ:beautiful people
  • ローファー:ZARA

こちらはモッズコート×スウェットパンツ使ったコーディネートです。

ラフなのに、清潔感のある雰囲気を演出できるのは、インナーのサイズ感がポイントです。

出来るだけすっきり合わせることで、スウェット感を感じさせない着こなしになります。

 

ドット柄シャツ×リブニットパンツ

WEAR

  • ニットパンツ:merlot
  • コート:FREAKS STORE
  • ローファー:ZARA
  • バッグ:キャセリーニ

こちらはドット柄シャツ×リブニットパンツのコーディネートです。

 

トレンドアイテムのリブニットパンツは、コーデに抜け感をプラスしてくれますが、着こなしを間違えればだらしない家着のようになってしまいます。

40代女性には、シャツと合わせて大人っぽく着こなしてほしいですね。

 

カーディガン×柄スカート

WEAR

  • カーディガン:STUDIOUS
  • スカート:SLOBE IENA
  • バッグ:300円ショップ
  • ブーツ:ZARA

こちらはカーディガン×柄スカートのコーディネートです。

 

ブラウン×レッドにホワイトをプラスした、可愛い色使いがポイントです。

足元には、パイソン柄のショートブーツをON。

今年はパイソン柄アイテムの人気が高いですが、取り入れにくさを感じる場合には、ブーツやパンプスから取り入れてみましょう。

 

カーディガン×リブスカート

WEAR

  • キャップ:UNIQLO
  • ピアス:GAS BIJOUX
  • パーカー:RAGEBLUE
  • カーディガン:ANDJ
  • ボディバッグ:SPINNS
  • スカート:LOWRYS FARM
  • スニーカー:Reebok

こちらはカーディガン×リブスカートのコーディネートです。

 

こなれた印象にしてくれるリブスカートは、ボディラインを拾いすぎないサイズのものでゆるっときこなすのが今っぽい。

淡いカラーでまとめたワントーンコーデは、ラインがぼやけがちなので、アウターになるアイテムを一番濃いカラーにするのがおすすめですよ。

 

ミリタリージャケット×濃紺デニム

WEAR

  • ボーダーT:fork&spoon
  • デニムパンツ:Levi’s701
  • ジャケット:ユニクロ
  • バッグ:beautiful people
  • バレエシューズ:ZARA

こちらはミリタリージャケット×濃紺デニムのコーディネートです。

 

ミリタリージャケットはメンズライクなシルエットで、ゆるっと羽織ればこなれた雰囲気を演出できますよ。

濃紺デニムで、スッキリ感のある大人カジュアルコーデにしあげましょう。

メンズライクなアウターには、パンプスで女っぽさをプラスするのがマスト。靴下合わせなら、より今っぽく仕上がります。

 

カーディガン×サロペット

WEAR

  • ヘンリーネックT:GALLARDAGALANTE
  • カーディガン:todayful
  • サロペット:Lee(used)
  • バッグ:Factor
  • シューズ:converse
  • メガネ:zoff

こちらはカーディガン×サロペットのコーディネートです。

 

子供っぽくなりがちなサロペットは、大きすぎないシルエットでスッキリきこなすのが、大人カジュアルに仕上げるポイントになりますよ。

インナーは、ヘンリーネックを広めに開け女性らしさを演出。春コーデに人気のカーディガンは、ゆるっと着こなせるシルエットを選びましょう。

 

WEAR

  • Tシャツ:niko and…
  • スカート:niko and…
  • スニーカー:CONVERSE
  • キャップ:niko and…

こちらはラベンダーカラーのアイテムを使ったコーディネートです。

トレンドカラーとして注目のラベンダーカラーは、コーディネート女性らしく華やかに仕上げてくれます。

ラベンダーカラーのコットンスカートでトレンド感たっぷりのコーディネートに。キックスにはワイドシルエットのアイテムをプラス。

ゆるっと着こなすことでカジュアルダウンしラフな印象に。

チャコール×ラベンダーで、落ち着いた印象にまとめると大人女子にも着やすいコーディネートに仕上がります。

 

WEAR

  • スカート:ユニクロ

こちらはデニムのチェスターコートを使ったコーディネートです。

インナーにはフリルのブラウスを合わせたフェミニンな着こなし。チノスカート合わせて、カジュアルMIXにするのが今っぽい着こなしです。

足元のスニーカー×靴下でアクセントをプラス。

靴下の差し色の使い方も、トレンド感があって素敵です。デニムのチェスターコートは、コーディネートを決めすぎずカジュアルに着こなせるのがうれしいですよね。

カラーがライトブルーなので、より柔らかなコーディネートに仕上がっています。

 

④ 色使いが上手いコーデ

WEAR

  • ステンカラーコート:VINTAGE
  • パンツ:GU

こちらはステンカラーコートを使ったコーディネートです。

ステンカラーコートは、シンプルなデザインがどんなコーディネートにも合わせやすい万能アイテム。コーディネートにうまく馴染んで、おしゃれにまとめてくれます。

レッドのワイドパンツで、女性らしい華やかな印象になります。

ブラックとあわせると、大人っぽく着こなすことができますよ。小ぶりのショルダーバッグは、サコッシュのようなデザインがカジュアルな印象に仕上げてくれています。

 

WEAR

  • アウター:ハッピークローゼット
  • ニット:ハッピークローゼット
  • パンツ:ハッピークローゼット
  • ボディバッグ:DHOLIC
  • スニーカー:adidas

こちらは、ブルーのコートが印象的なコーディネート。

インナーにはボーダートップス、ボトムはホワイトワイドパンツとモノトーンでまとめたコーディネートになります。

ボトムにはコーデュロイ素材を合わせて、季節感をプラス。

カジュアルな印象が強いですよね。アウターに、ブルーが目を惹くコートをプラスすると、華やかなお出かけコーディネートに仕上がります。

袖のデザインや大きめボタンなど、女性らしい可愛いデザインが素敵な1枚。

 

WEAR

  • デニムジャケット:ZARA
  • Tシャツ:ROSE BUD
  • パンツ:adidas
  • トートバッグ:beautiful people
  • スニーカー:Reebok

こちらはデニムシャツを使ったコーディネートです。

デニムシャツはデニムジャケットよりも薄手ですが、存在感は負けず劣らずのアイテム。

カジュアル感が強くなるので、スポーツMIXなどのメンズライクなコーディネートのアクセントとして相性抜群です。

トレンドアイテムであるサイドラインレギンスと合わせた着こなしは、デニムシャツの存在感でナチュラルに着こなすことができそうです。

キャップのカラーをブルーで合わせると、全体に爽やかな印象に仕上がりますね。

 

WEAR

  • Tシャツ:ハッピークローゼット
  • スカート:ハッピークローゼット
  • キャスケット:amorous insense
  • スニーカー:adidas

こちらはサス付きスカートを使ったコーディネート。

レモンカラーのスカートが、華やかで目を惹くコーディネートですね。ブラックのカットソーと合わせて、大人っぽくまとめています。さりげないロゴも可愛いデザイン。

目線がスカートだけでなく、上にも行く事でバランス良く仕上がっています。

デニムシャツを羽織ってカジュアルダウンすると、デイリーに使いやすさがアップしますし、 気温調節にも嬉しいこコーデになります。

 

WEAR

  • デニムパンツ:FRAMeWORK
  • スニーカー:CONVERSE
  • かごバッグ:UNITED ARROWS
  • ベルト:apart by lowrys
  • シャツワンピース:GU
  • イヤリング:GU
  • 時計:Daniel Wellington

こちらは花柄ワンピースを使ったコーディネートです。

ブラックベースの花柄ワンピースをイエローのベルトでウェストマークして着こなす事で、メリハリのあるきれいめカジュアルな着こなしに仕上がります。

ウェストマークすると細見え効果もあるので、ぜひ試してみてくどさいね。

ワイドパンツと合わせた足元のボリュームシルエットがこなれたおしゃれを演出してくれています。スニーカーのイエローも合わせているのが素敵です。

 

 

まとめ

今回は『【春コーデ】40代レディースにオススメな大人映えファッションまとめ【2020年】』というテーマでお送りしていきました。

この記事のまとめ

ぜひ、この記事を参考にしていただいて、今まで以上に大人映え春ファッションを実現していきましょう。

ABOUT ME
レイナ
レイナ
このサイトを管理しているレイナです。トレンドファッション、美容などの記事を定期的にシェアしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です